メイン画像
料金プランを確認ページへリンク
料金プランを確認!
SIMカード受け取り方法ページへリンク
SIMカード受け取り方法
SIMカード登録ページへリンク
SIMカード登録

SIMカードとレンタルWiFiの違い

SIMカードとWiFiのち外
海外でインターネットに接続するには、いくつか方法はありますが、通常現地のSIMカードを購入するか、日本からレンタルWiFiを持参するかのどちらかとなります。では、その違いは何でしょう?

SIMカードは日本でも使っているスマホを現地のSIMカードに差し替えてネット接続をする方法、レンタルWiFiは日本の空港でWiFiルーターを借りて、現地で使用し、帰国したら機材を返却する方法です。

レンタルWiFiはレンタル機材なので、空港での受け取り、返却、そして多くの場合、機材の保証金が発生します。しかしSIMカードの場合は使用するスマートフォンがSIMロック解除されていれば、現地での使用が終わったらそのままSIMカードを処分すればいいだけなので、取扱はWiFiレンタルと比べて断然楽です。下記はSIMカードのメリット・デメリットです。

SIMカードを使用する際の、メリット

  • SIMカードはレンタルWiFiと比べ、断然安価です。特に今回ANA・SIMカードは最初の2日間は無料、そして3日目から有料ですが、使用日数にもよりますが、$1.80/日からご利用出来、断然お得です。
  • レンタルWiFiは余分な機材を常に持ち歩かなければいけませんが、SIMカードはスマホに差し込むだけなので、気軽にお出かけ出来ます
  • SIMカードは帰国後は処分するのみですが、レンタルWiFiは返却義務があり、かつ旅行中の障害や紛失の為に余分な保険を購入する義務があります。
  • 多くのレンタルWiFiはデータ使用制限がありますが、ANA・SIMカードは無制限で使用出来るので、データ超過使用の心配がありません。
  • レンタルWiFiは複数台でネットを共有使用出来ますが、SIMカード携帯もパーソナル・ホットスポットをオンにすれば、複数台でネットを共有使用する事が出来ます。

デメリット

デメリットは1つのみ、ご使用する携帯がSIMロック解除である事です。残念ながらSIMロックが解除されていない携帯では海外SIMカードは使用する事が出来ません。しかしご心配なく、SIMロック解除方法は簡単で、下記のステップでSIMロック解除は簡単に出来ます。

ユーザーレビュー

東京在住:A.S.さん
34才/男性/会社員

会社の出張で海外へ行く時は、いつもWiFiルーターを空港で借りて持って行ってたけど、自分の持っているスマホは既にSIMロック解除がされているのは知っていたから、今回初めてANAのSIMカードを空港で受け取り、その場でSIM交換をしたら、直ぐに使えたのでハワイの滞在期間中はとても快適でした。そして今回は6日の滞在でしたが、最初の2日間は無料で使用し、2日目に6日間の延長が出来たので、最初に2日間試しに使えたのも安心でした。

埼玉在住:B.T.さん
29才/女性/サービス業

今回始めてのハワイで、ANAのSIMカードを使いました。SIMカード交換の時、何処にSIMカードが入っている所がわからなくて、少し手こずりましたが、交換した後、携帯をリブートして、Apple IDを聞いて来たので、入力したら直ぐにT-Mobileのネットワークに接続されたので、思っていた程難しくなくて、安心しました。

横浜在住:T.Uさん
48才/男性/会社役員

家族で海外旅行をする時はいつもWiFiルーター1台を家族全員で 共有していたけど、今回は家族全員の携帯をSIMフリーにして、空港でANAのSIMカードを家族分5人 分空港で受け取り、5人全員問題なくネットワークに接続出来ました。SIMカードのいい所は家族5人がそれぞれ自分の携帯でネットが使用出来るので、離れて行動しても、直ぐに連絡が取れるのが、とても便利で安心でした。WiFiルーターの時は常にルーターの近くにいないとネットが使えないので、それが出来なかったので。

TOP